EARTH COLOR

apron bag nichijyogi
1年を通して  数年繰り返し  擦り切れるまで





3月のアトリエオープン
1,4,8,11,12,15,18,22,25,26,29

0pen 10:00〜18:00






4月のアトリエオープン
8、12、19、22、25、26


バッグの製作をします。(ばば)



9日 (日) つきまき rukki
11時〜4時
(アトリエオープンも同じ時間になります)



  ≫
日常着
  ≫
エプロン
  ≫
ご注文方法
  ≫
bag
  ≫
くつした
  ≫
EARTH  COLOR のひと
  ≫
メール




EARTH COLOR  〒632-0093 奈良県天理市指柳町 361-5
                      090-2012-3656(馬場)


ことば地図(さらに詳しく)
           ESSO ガソリンスタンド横 
  グッドラック(ランチ)さんと同じ建物の道路側にお店があります。
         P 建物裏の空いているスペースに駐車してください。
              (お店の横はグッドラックさん専用駐車場です。)




発送について お急ぎの方は ご必要な日をお知らせください。
           メールの確認は 朝と夜になります。
            商品のお問い合わせ 在庫確認など お電話ください。
          発送は ショップオープンの日にさせていただきます。 
          お急ぎの場合は ご連絡ください。
          ご必要なときに間に合いますよう できるだけ対応させていただきます。


              
メール   件名に 問い合わせ ・ 注文 など 入れてください。
earthcolor@hera.eonet.ne.jp


ご注文の場合は お名前 お電話番号 ご住所をお知らせください。
 (お名前、ご住所をご連絡いただいてから 確実なご注文とさせていただきます)

商品の在庫がある場合は 合計金額と お振込み口座(郵貯)をお知らせします。
お振込みの確認後  数日中に発送させて いただきます。




3月25日(土曜日) 26日(日曜日)

今日、明日 アトリエオープンです。
パンツや スカート
出来上がっています。
6時までお待ちしています。




白リネンのフルエプロン ロング N-47 出来上がっています。






今年も LINEN+ 北海道のイベントへ向けて
少しずつ準備始めています。










3月1日〜5月7日 天理ぐるぐるスタンプラリー 始まっています。

天理ぐるぐる スタンプラリーが 始まっています。
住んでいる町でも まだまだ知らないことがたくさん
いろいろ回ってみるつもり
スタンプラリーの用紙には マップもついていますので
よかったらお持ち帰りくださいね。

日本最古の道 山の辺の道のことや 神社仏閣も 良くわかります。







LEAFさんのスタッフコラムで ばばのこと 紹介していただきました。








モデル 164cm

水洗いしています。







正方形 130×130 ¥7560



天然灰汁発酵建て 藍...還元...酸化...発酵...
藍は面白いです。
でも伝えたいことは ただひとつ

「 藍のあたえてくれる色のうつくしさ 」

できるだけいい色を引き出したい
このストールはとてもそれを伝えてくれている気がします。
rukki さんのインスタから







次回の つきまき rukki

4/9  日曜日
11:00〜16:00

紡いだり 織ったり 編んだり 染めたり ちくちく縫ったり
2人のつくられたもの
シゲタアケミ さん
rukki  さん

織物や藍染のこと
たくさんお話聞かせていただきましょう。
毎月 日曜日のアトリエオープンが楽しみです。

3月の つきまき rukki


藍のストール 3人が巻いておられるところ
撮りたかったのだけど・・・

左 200cm   右 正方形


やさしい手触りシルクの織物

真っ白にシンプルな紺色が入った大判シルクの織りもの
好きな織物に出会われた瞬間
何年も使われたシルクの織物を見せていただいて
扱い方も 織り手から聞けて
お持ち帰りいただきました。
なんで写真を撮らなかったんだろう?


しっかりとした生成りのコットンのコートに 藍を巻いて


rukkiさんから聞いた 藍 のおはなし

それぞれの藍が入っているかめは 人のようだと
今日は元気ないなあ〜と 見ただけでわかるそう

以前 藍染めの体験ができる工房におられたとき
何人も染められている中で
今染められた1枚で 藍の元気がなくなったことがわかって
そんな時は そっとフタを閉めて
別の藍がめで 染めていただくこともあるそう。
長く続けられているからわかる 感覚 スゴイ。

きれいな藍を身にまとう

次は 近江で織られた麻のメッシュのまきものを お願いしました。



























近江で織られた麻との出会い
国産の素材を使いたいと思っていたら
滋賀にお住まいの たつみさんの 繋がりから
近江で織られた麻を見せていただくことになりました。
かなり前に 廃業された織物工場
倉庫の中に 50mくらい たたんで 積まれています。
ひとつずつ違う素材
気になる素材を持ってきて 織物工場の奥さんに
素材のお話を聞かせていただきます。
ほとんどが 染めたり 加工する前の 素材
洗って 太陽の光を当てて
織り目が詰まった
元気になった素材を見て 作るものを考えます。

「近江で織られた麻は いつもの麻とどう違いますか?」
とのご質問に うまく答えることができなくて
出会いのことを書きました。

日本で住んでいて 日本製の日常に使うものを 探すことは難しいです。
縫製を私たちの手でしているから 日本製
さらに 今回は近江で織られた素材
継続して作っていけるものは ありませんが
見せていただいた 今ある素材で
日常のものを 作っていきたいと思います。












EARTH COLOR で つくるものについて

出会った素材に ぴったり合うものを考えて つくります。
 ばば が 生地探しにでかけ  気になる素材を集めてきます。
時には 収穫がないときも、 時には 布部屋に入るか心配なことも
かたちにできていない素材もたくさんあるので
今シーズンこそ かたちにして旅立たせてあげたいと思っています。
日常着には 季節もあるので
その季節のものを そのときに作るペース
小人数なので ひとつのかたち 同じ色の製作
思いは
できるだけ サイズ違いをたくさん作って 
ぴったり合うものを 選んでいただくこと
長いものをカットすることで ぴったりに合うものは
丈調節をして お届けさせていただきます。

ご希望のものを なかなかお手元にお届けできませんが
ひとつずつ 丈夫に 作って
お知らせしていきます。
 「この商品は作りませんか?」と お問い合わせいただいたことは
頭のかたすみに置いて
素材が見つかったとき また 作っていきます。

ばば





ギフト シンプルに包みます。








EARTH COLOR の商品 製作風景 日常
インスタグラム

 EARTH COLOR maker
滋賀在住 日常着 の製作  日々のこと  たつみ




  エプロン 日常着 バッグ 製作  日々のこと  ばば

 














2016 5月末 THE 倉庫 
近くでヨーゼフが かたつむり食べてそう

PANAPANA さん
北海道 川湯温泉駅前

2017年 LINEN+
準備はじめます。
どうぞお楽しみに。