EARTH COLOR

apron bag nichijyogi
1年を通して  数年繰り返し  擦り切れるまで


この冬は、リースをいただきました。
お庭の赤い実のついたクリスマスホーリー


12月のアトリエオープン  14、15、18,
2324、25、26、27

10:00〜18:00





12/10 VOID MADE MARKET

  ≫
日常着
  ≫
エプロン
  ≫
bag
  ≫
ご注文方法
  ≫
くつした
  ≫
EARTH  COLOR のひと
  ≫
アトリエの日々
  ≫
メール




EARTH COLOR  〒632-0093 奈良県天理市指柳町 361-5                           
                      090-2012-3656(馬場)
              アトリエオープン     10:00〜18:00



ことば地図(さらに詳しく)
           ESSO ガソリンスタンド横 
  グッドラック(喫茶)さんと同じ建物の道路側にお店があります。
         P 建物裏の空いているスペースに駐車してください。
              (アトリエ横はグッドラックさん専用駐車場です。)




発送について お急ぎの方は ご必要な日をお知らせください。
           メールの確認は 朝と夜になります。
            商品のお問い合わせ 在庫確認など お電話ください。
          発送は ショップオープンの日にさせていただきます。 
          お急ぎの場合は ご連絡ください。
          ご必要なときに間に合いますよう できるだけ対応させていただきます。


              
メール   件名に 問い合わせ ・ 注文 など 入れてください。
earthcolor@hera.eonet.ne.jp


ご注文の場合は お名前 お電話番号 ご住所をお知らせください。
 (お名前、ご住所をご連絡いただいてから 確実なご注文とさせていただきます)

商品の在庫がある場合は 合計金額と お振込み口座(郵貯)をお知らせします。
お振込みの確認後  数日中に発送させて いただきます。





2017.12.10 (sun)
VOID A PART
滋賀県彦根市柳川町 218−1

すぐ近くに緑地公園に駐車できます。
琵琶湖の景色も楽しんでください。

EARTH COLORは、
心地よく過ごす冬の日常着
バッグ、エプロンを少しずつ


シゲタさんのマフラーや、
rukkiさんに染めていただいた 近江で織られた麻の藍染まきものも
持って行きますね。
ワンピースのアクセントに。


今回は、hacomidoriさんのカッコイイアトリエスペースをお借りします。



後から 後から 追加したくなる
いろんなかたちを
ごらんいただきたいので
アトリエにあるもの
持っていきます。
明日は、湖畔のVOIDさんで
お待ちしています。

夏以来 たつみさんとの会合も
おいしいものをいただくのも
楽しみです。



新しい日常着のお知らせは 12月中旬ごろになります。









  












シゲタさん(つきまき)のまきもの
アトリエの日々にあります。

 アトリエオープンでごらんいただけます
手に取って まいてくださいね。

羊毛を染めて  手で紡いで  手で織って
出来上がったまきものです。





アームカバー ブルー ¥1350


鮮やかなブルーに比べると ネィビーよりのブルー


アームカバー   三角巾 
エプロンのページ下方にアップしています。


















ギフト シンプルに包みます。



それぞれの住んでいる場所で製作
通常は SNSや電話で仕事をすすめています。


EARTH COLOR の商品 製作風景 日常
インスタグラム

 EARTH COLOR maker
滋賀在住 日常着 の製作  日々のこと  たつみ




天理在住  エプロン 日常着 バッグ 製作  日々のこと  ばば

 

つきまきrukki
12/23
日曜日のアトリエオープン
11:00〜16:00

織物や藍染のこと
たくさんお話聞かせていただきましょう。
毎月 日曜日のアトリエオープンが楽しみです。


紡いだり 織ったり 編んだり 染めたり ちくちく縫ったり
2人のつくられたもの

つきまき(シゲタさん) 
アトリエまで2時間半 
大阪 箕面市から 電車で来られます。

rukki  さん 天理在住
アトリエから歩いて行ける場所に 藍や織物の工房があります






シゲタさん(つきまき)のシルクの織物 


丁寧な手織り

特別な日だけでなく
できるだけ日々の暮らしの中で使って
新しいものから
自分のものとなるようになじませる

シルクは通年巻ける まきもの


繰りかえし使って 変化していくのが楽しみ
大判のまきもの







場所  THE 倉庫 
近くでヨーゼフが かたつむり食べてそう

PANAPANA さん
北海道 川湯駅前


2017年 LINEN+
たくさんの方にごらんいただき ありがとうございました。

2018年もと お声をかけていただきました。
新鮮なものをごらんいただけるように準備していきます。




LEAFさんのスタッフコラムで ばばのこと 紹介していただきました。